toggle

Le Troisについて

千葉県柏市手賀の杜の自宅アトリエにて、オーダーメイドブーケ制作、フラワーレッスン、定期装花を行なっています。只今プレオープン中です。

こうしてルトロワが誕生しました

希望職種は花に携われる職種!

子育ての息抜きは花の写真を眺めること。
愛読書は雑誌「フローリスト」。

いざ仕事復帰!となったころ、私は花への愛で溢れていました。

希望職種は花に携われる職種!

花が好きなのだからやれるはず!
という根拠のない小さな自信と
子どもたちからの「ママがんばって!」の声援に
後押しされて花に携われる仕事を探し始めます。

ただ「花に携わる」と言っても花屋で働きたいのか、
ウエディング専門の施設で仕事をしたいのか、
はたまた起業して花屋をしたいのか。

はじめは花屋で働きたいと思っていました。
そして修行を積んでいずれ子育てが落ち着いたら起業もいいな、と。

子育てしながら花に携われる仕組みを作ろう

しかしKOLMEのレッスンで花業界の話を聞いたり
アイロニーで研修生として仕事をする中で
「子育て」と「花屋で働く」を両立させるのは
とても厳しいと感じはじめます。

花屋では早朝から夜までどの時間帯でも働ける人材が求めらていることが多く、
新人として働くのであれば尚更長時間労働は避けられません。

さて私はどうやったら子育てしながら花に携わっていけるのだろう?

答えはこう出しました。

「子育てしながら花に携われる仕組みを作ろう」

隙間時間を使って花の制作、WEBの制作、SNSの発信。
まとまった時間を作ることは難しいけれど
隙間時間を足すと意外とサラリーマンの就業時間と
同じくらい仕事できる日もあるんですよね。

「子育てしながら花に携われる仕組みを作ろう」
と動き始めた私を強力にサポートしてくれたのが
KOLMEのお二人。KazukoさんとMichikoさんです。

お二人のサポートのもと
子どもとの時間、花と携わる時間、どちらも大切にできる
自宅アトリエスタイルのLe Trois/ルトロワが誕生しました。

 

ルトロワの花スタイル

ルトロワの花スタイルは「パリスタイルフラワー」がベース

花のスタイルも様々で
私自身どんなスタイルが好きなのか?
探るうちに「パリスタイルフラワー」に出会いました。

パリスタイルフラワーを言葉で表すのはとても難しいのですが

  • 自由さが伝わる
  • 花とグリーンが調和している
  • その背景には自然の広がりを感じる

こんな印象を受けました。

ルトロワの花は、パリスタイルフラワーの「自由」「調和」「自然」「広がり」というイメージを軸にひとつひとつ丁寧に制作しています。

レッスンでもお一人お一人の個性がチャームポイントに仕上がるよう、「自由」「調和」「自然」「広がり」を意識して丁寧に寄り添います。

2019年7月 KOLMEディプロマコースレッスンを修了しています

2018年9月より約1年間、KOLMEディプロマコースレッスンを受講、2019年7月に無事修了することができました。

>>花の資格はもういらない!脱・低価格、脱・普通
ワンランク上の教室を開きたいなら、KOLMEのディプロマコースレッスン

ディプロマコースレッスンを受講してみて、のインタビュー記事です。

>>【インタビュー】KOLMEのディプロマコースレッスン受講者の声〜ユキさん〜

KOLMEディプロマ証

なんとKOLMEウェブサイトの中に私のページが!素敵にまとめていただいています。すごい。

>>ユキさんがカタチにする「花とはたらくということ」